「政経マネジメント塾」公開収録のお知らせ

平成29年度「政経マネジメント塾」特別講座

演題:『詮議(対話ロジー)と三角ロジック

        ~甦れ、平成の薩摩!そして更なる飛躍を~』 

講師:浜岡勤氏(国際ディベート学会・元理事長)

日時:平成29年6月25日 13:00~16:00(受付12:30~)

第一部「詮議編」     :13:00~14:15
第二部「三角ロジック編」 :14:30~16:00

会場:(一財)岩崎育英文化財団 岩崎学生寮(東京都世田谷区北烏山七丁目12-20)

参加費:無料

定員:20名

※応募が定員より多い場合、抽選となりますのでご了承下さい。
※お送りいただいた個人情報は「政経マネジメント塾」に関するお知らせ以外の目的では利用いたしません。

 

明治維新を成し遂げた薩摩藩の武士達は、鹿児島独特の「郷中教育」の中で『詮議』という“論理的思考を養う”“考えるという事を鍛える”為のトレーニングをしていました。『詮議』とは意訳すれば「薩摩ディベート」と云えます。

「薩摩の武士は交渉上手」と云われたように、薩摩藩の武士達の論理的思考を作り上げた『詮議』とはどのような手法なのか。また、論理的思考を養う上で重要な考え方のひとつである『三角ロジック』について国際ディベート学会元理事長の浜岡勤氏を講師に招き講義していただきます。

ご興味のある方なら、どなたでも参加できます。皆様のご参加をお待ちしております。

※講演の模様は後日、テレビ放送・動画配信・DVD化等をする予定です。撮影の関係で参加される方が映る場合がございますので、予めご了承ください。

政経マネジメント塾運営事務局